ジールコミュニケーションズ 会社紹介

HOME > 会社紹介 > ジールコミュニケーションズ

薮崎真哉

1978年6月1日 千葉県生まれ
1997年04月 高校卒業後 Jリーグ 柏レイソル入団
2003年11月 ㈱GDN 入社
2004年06月 ㈱エス・エス・ファクトリー 設立
2008年10月 ㈱ジールコミュニケーションズ 設立
2013年08月 ㈱ジールアスリートエージェンシー 設立
著書 「ネット風評被害(ディスカバー携書)」

株式会社ジールコミュニケーションズ

Webリスクコンサルティング事業、Webマーケティング事業を主軸にWeb関連サービスを展開。
風評被害対策の分野では、業界No.1の圧倒的な実績数を誇り
膨大なノウハウで、インターネット上の誹謗中傷などの風評被害からお客様をお守りしております。

2013年に設立した関連会社の株式会社ジールアスリートエージェンシーでは
体育会系学生の就職支援事業を手がけており
体育会系学生と、彼らのスポーツを通して培ってきたスキルを活用したい企業様とのマッチングを実現しています。

ビジョン

【企業理念】 仕事が楽しいと人生が楽しい

【クレド(行動基準)】

・かけがえのない今日
「君がなんとなく生きた今日は、昨日死んでいった人たちがどうしても生きたかった大切な明日だ」
命に限りがあるからこそ、今日という日を大事に本気で生きなければならない。
・今やらないで、いつやるの?
自分が「明日頑張ろう、いつかやろう」と思った時、世の中の大勢の人もそう思っている。
「今」行動できるか、「今」頑張れるかが、成功への一歩。未来は今の延長戦。
・行動者がカッコイイ
まず行動。その後考える。頭の中で考えるだけで動かないよりも、ゴールが見えなくても勇気を出して走り出す。
つまずいても転んでもゴールを目指し走り続ける姿こそカッコイイ。
・足を止めず常に前へ
現状維持とは後退していること。なぜなら時間は前に進んでいるから。
過去の自分達が小さく見えることが、成長している証。現状に満足せず、日々成長。
・努力無くして、成功なし
努力していることに満足している人間がいるが、それは間違い。目標を必ず達成するという為だけに、努力しなければならない。
「努力しても成功できるかわからない。しかし、成功者は必ず努力している。」
この言葉に勇気をもらい、正しい努力をしよう。
・やるからには、本気で取り組む
中途半端な気持ちでやるんだったら、やらない方がいい。そんな気持ちでやっても真の成果などでない。
ありふれた日々の中でも過ごしている瞬間は一生に一度。その一瞬をやり残した事がないように、本気で取り組もう。
・速さに価値がある
最初から速くできるものなどいない。速くあろうとする意思、必要なのはそれだけ。
ひとりひとりが速くあろうとする時、ジールコミュニケーションズがより前に進む。スピードが信頼や夢を掴む。
・チームジールコミュニケーションズ
私たちは何よりも全員が、ひとつのチームとして行動します。
年齢、役職問わず気持ちの良い挨拶をし、チームワークを大切にする為に本音の対話をして、物事を前向きに考え、喜びや苦しみを共有できるフェアで フラットなチームであり続けます。

会社情報

会社名 株式会社ジールコミュニケーションズ
お問合わせ先 03-6433-5701
住所 東京都渋谷区東2-16-10 ヤナセ渋谷ビル5F
URL http://www.zeal-c.jp/

« 戻る

会社紹介 ムービーリスト