ドコプレ.com利用約款

HOME > ドコプレ.com利用約款

ドコプレ.com利用約款

株式会社ヴェン.カンパニーが運営する『ドコプレ.com』の利用を目的とする契約の内容をこのサービス利用約款で定めております。お申込みの前に、必ずこのサービス利用約款の内容をご確認ください。

第1条(ドコプレ.comの概要)
1. 「ドコプレ.com」(以下「本サービス」とする)とは株式会社ヴェン.カンパニー(以下「運営会社」とする)が運営管理する、インターネット上に開設された法人向け映像配信サービスをご提供するサイトです。
2. 本サービスはご利用申込みをされた法人及び個人事業主(以下「会員」とする)のみご利用できます。

第2条(ご利用方法)
1. 本サービスをご利用いただくには、運営会社によって制作された映像「著作物」が必要になります。本サービスにて配信する映像は、運営会社によって制作された映像のみとなります。

第3条(申込みの拒絶)
運営会社は、次の場合に申込みを拒絶する場合があります。なお、運営会社は申込みを拒絶した理由を開示する義務を負わないものとします。
1. 本サービス申込みにおいて虚偽の事実を記載したことが判明した場合。
2. 利用契約上の義務を怠るおそれがあると運営会社が判断した場合。
3. 本規約に定められた事項の一部または全部に違反するおそれがある場合。
4. 運営会社の競合他社および会員様の競合他社等が、本サービス内容を調査する目的で申込みを行おうとしていることが判明した場合。
5. 本サービスの申込みをした者が、運営会社の営業妨害をしていると判断した場合もしくは恐れがあると運営会社が判断した場合。
6. 前各号のほか、運営会社の業務遂行上支障があると判断した場合。

第4条(本規約の範囲)
本規約は会員様と運営会社間における当サービスの利用に関し適用されるものとします。

第5条(契約期間)
本サービスへの申し込み日より1ヶ月間・3ヶ月間・6ヶ月間・1年間のいづれかとする。ただし、契約期間終了の1週間前までに「会員」より、解約の申し出がない場合は自動延長とし、その後も同様とする。

第6条(権利譲渡の禁止)
本サービスの提供を受ける権利義務を第三者に譲渡、売買、名義変更、質権の設定、担保提供等する行為を行うことはできません。

第7条(運営会社による掲載の取消)
会員が次の各号のいずれか一つでも該当する場合、運営会社は会員に対し何ら通告をすることなく、直ちに掲載の停止を行う事が出来る。抹消会員が運営会社に届け出た連絡先への通知をもって会員に到達したものとみなします。また本条による登録の取消は、運営会社の会員への損害賠償の請求を妨げないものとし、本登録の停止・取消に関し運営会社は如何なる責任も負わないものとする。

第8条(料金)
本サービスへの掲載料に関しては、別途料金表もしくは「会員」と「運営会社」によって定められた料金を「会員」は支払うものとする。運営会社より会員に対して、契約期間終了の2週間前に請求書をメールにて送るものとし、会員は契約期間終了の1週間前までに更新の有無を回答するものとする。ただし、クレジットカード払いの場合に限り、運営会社から毎月の請求書発行は行わないものとする。また、「運営会社」によって本サービスの掲載料が変更になった場合は、運営会社は料金変更の旨を会員に対して契約期間終了の2週間前までに通達しなければならない。「会員」による承諾もしくは返答が得られなかった場合は、契約期間終了時に「会員」の承諾なくして掲載の削除を行うことが出来るものとする。
契約期間中の「会員」の意思による掲載削除及び掲載解除依頼があった場合は、運営会社は速やかに削除しなければならない。ただし、掲載料の返金は一切出来ないものとする。

第9条(配信方法及び配信範囲)
1. 運営会社によって配信される会員映像は、会員によって承諾された映像データのみを、運営会社によって配信するものとする。その場合、YouTube及びその他の配信方法に関わらず、運営会社が持っている映像データを利用して配信することができるものとする。
2. 本サービスもしくは会員映像の告知の為に、運営会社は会員映像及び関連する情報を、運営会社が運営及び管理しているサイト及びその他ソーシャルネットワークなどで映像配信や告知が出来るものとする。

第10条(秘密の保持)
1. 会員及び運営会社は、本サービスを利用または提供する上で知り得た一切の情報を、本規約に規定する契約期間中はもとより同期間終了後においても、相手方の事前の書面による承諾なくして、如何なる第三者にも開示・提供しないものとします。但し、知り得た時点で既に公知の情報、知り得た後に自己の責によらず公知となった情報、知り得た時点で自己が既に所有していた情報、相手方が予め開示を許諾した情報、法令により開示が強制される情報については、この限りではない。
2. 会員及び運営会社は法律上正当な権限を有する者から、書面による正式な協力要請、照会があったときは前項の義務を負わないものとします。

第11条(ご利用情報)
運営会社は、会員のご利用情報を下記の場合を除いては、閲覧、複製、持ち出しを行ってはなりません。
1. 緊急のシステムメンテナンス上必要があると判断される場合。
2. 法的な命令等により個人情報の開示が求められた場合。
3. 会員ご本人より情報の開示請求を受けた場合。

第12条(ご利用情報管理)
1. 運営会社はご利用情報等が消失した場合、理由の如何を問わず、これを復元しません。また、ご利用情報等が消失した際、運営会社は会員が被った損害について一切の責任を負いません。
2. 本規約に違反する行為が発覚した場合、運営会社は会員に事前に通知することなく、ご利用情報の停止、または当該会員様に対し本サービスの提供を停止することがあります。

第13条(著作権)
本サイト上に掲載されている映像などの著作権その他の知的財産権は、運営会社または運営会社より著作物を購入した会員が有しています。

第14条(商標)
本サイト上に表示されている、商標、サービスマークおよびロゴは、運営会社または各社の登録商標または商標です。

第15条(個人情報の保護および法令遵守)
運営会社は会員の個人情報を本サイト上に掲載する「個人情報保護方針(プライバシーポリシー)」に基づき取扱うものとします。また運営会社は個人情報の保護に関連する法令を遵守し、個人情報の保護に厳重な注意を払うこととします。

第16条(契約者による契約の解除)
運営会社は、中途解約であるかどうかに関わらず、すでに受領した前払い掲載料を含む利用料その他の債務の払い戻し等は一切行わないものとします。契約は一身専属性のものとします。

第17条(サービス提供の終了)
運営会社は1ヶ月以上前に契約者に通知をすることでサービスの提供を終了することができるものとします。ただし、この通知が到達しない場合であっても、サービス提供終了の効果に影響を与えないものとします。運営会社はサービスの提供の終了に伴って会員又は第三者に損害が発生しても、いかなる責任をも負わないものとします。

第18条(責任の制限)
1. 運営会社は、本サービスを提供すべき場合において、会員の責めによらない理由で弊社の故意または重過失により会員が本サービスを全く利用でき ない状態(本サービスの利用に著しい支障が生じ、全く利用できない状態と同程度の状態となる場合を含みます。以下同じとします。)にあることを運営会社が知っ た日から起算して、月の半分以上の期間を超えてその状態が継続したときに限り、会員の請求により本サービスを全く利用できない状態の期間に応じた掲載料金を限度として会員に現実に生じた損害の賠償請求に応じるものとする。
2. 前項に関わらず、運営会社が損害の賠償を負うこととなった場合における運営会社の責任範囲は、いかなる場合においても、会員が本サービスに関して運営会社に既に支払った当該契約期間の料金の総額を超えないものとする。
3. 第1項の損害賠償の請求をし得ることとなった最初の日から30日を経過する日までに会員が文書で請求しなかったときは、会員はその権利を失うものとします。

第19条(サービスの停止)
運営会社は次に該当する場含、運営会社単独の判断により会員に事前に連絡することなく本サービスの運用の全部または一部を停止することができるものとします。また、運営会社は本サービスの提供の中止によって生じた会員の損害につき一切責任を負わないものとする。
1. 天災、事変、その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがある場合。
2. 運営会社の電気通信設備の契約上、保守上または工事上やむを得ない事由が生じた場合。
3. 運営会社の電気通信設備の障害その他やむを得ない事由が生じた場合。
4. 法令による規制、裁判所による判決、決定、命令等が適用された場合。

第20条(サービスの変更・廃止)
運営会社は、以下のことを行うことができるものとする。
1. 会員へ事前に通知することで、サービスの内容・名称・事務手続き等を変更することができるものとする。
2. 障害、不測の事故等諸般の事情により、運営会社において復旧または本サービス提供の継続が困難と判断された場合、本サービスを廃止することができるものとする。
3. 1ヶ月前までに会員に通知することにより、運営会社は本サービスを廃止することができるものとする。
4. 本条に基づく変更または廃止に関し、運営会社はいかなる責任も負わないものとする。

第21条(利用制限)
会員による行為またはその行為による二次的な結果として、運営会社のサーバーに必大な負荷を与えた場合は、会員の利用を制限することがあります。また、利用の制限に関し、運営会社はいかなる責任も負わないものとします。

第22条(免責事項)
1. 会員が、自己の責に帰すべき事由により、他の会員様または第三者に対して損害を与えた場合には、当該会員は、自己の責任と費用において解決し運営会社には一切迷感をかけないものとします。
2. 運営会社は、会員が使用するいかなる機器およびソフトウエアについて一切動作保証は行わないものとします。
3. 本サービスを利用するために必要な機器、回線設備およびソフトウエアについて、会員はそれぞれの使用許諾契約またはそれに準ずるものの内容に従うものとし、それによって引き起こされた損害については、運営会社は一切の責任を負わないものとします。
4. 運営会社は、会員と第三者の紛争に関し、一切の責任を負わないものとします。
5. 保守または不虜の事故等により、サービス停止によるものまたはサービス内容の変更による会員の逸失利益または損害について、運営会社はいかなる責任も負わないものとします。
6. 不測の事故等により、会員のサーバー上に蓄積されているデータが滅失、流出または損壊等が発生した場合も、運営会社はいかなる責任も負わないものとします。
7. 本サービスにより送信される電子メールの延着未着、流失、消失、改ざん、文字化け等および、サーバーに保存・管理されている会員情報その他の各種データの消失、流出、改ざん、文字化け等のいずれかが発生した場合でも運営会社は一切の責任を負わないものとします。
8. 本サービスの廃止により、会員が損害を被った場合でも、運営会社はいかなる責任も負わないものとします。
9. 上記各事項に加えて、その他、運営会社に起因事由のない一切の事故についても、運営会社は責任を負わないものとします。

第23条(その他)
1. 本規約は、日本国の法律に従って作成されており、日本国の法律に従って解釈されるものとします。また、本サービスの利用に関するすべての問題は、日本法を準拠法とすることとします。
2. 両当事者間において、本規約またはこれに基づく取引について紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
3. 本規約に基づく利用契約についての紛争、疑義、あるいは取り決められていない事項については、運営会社および会員様は誠意をもって協議の上これを解決するものとします。

« 戻る